建設業許可のQ&A

Q 建設業許可は、建設業者はだれでも必要なのでしょうか?
A 請負代金が500万円以上(建築一式工事の場合は請負代金が1,500万円以上または延べ面積が150uを超える木造住宅)の工事を実施する場合にだけ必要になります。

Q 建設業許可を取ると、どんなメリットがありますか?
A 請負代金の大きな工事ができるようになります。
  近年コンプライアンス(法令順守)の意識が高まり、本来建設業許可の必要ない下請業者さんも、元請業者さんとの関係から建設業許可を取ることが増えています。
  また、公共工事にかかわりたい場合、建設業許可のほかに、経営事項審査と入札資格申請が必要になります。

Q 建設業許可を取るために必要な条件は何ですか?
A 建設業許可には
  人的要件(「経営業務の管理責任者(経管)」と「専任の技術者(専技)」の存在)と、
  財産的基礎(一般建設業の場合500万円以上の現金を準備できること)が必要になります。
  また、法人の場合は役員全員(個人の場合は本人)の適格性が必要になります。

Q 経管になるために必要な条件は何ですか?
A 法人では常勤の役員、個人事業では事業主本人か支配人登記をした支配人でなくてはなりません。
  また、建設業での経営業務経験が業種に反映されます。
  詳しくは、経管になろうとされる方の役員経験等の略歴をご用意の上ご相談下さい。

Q 専技になるために必要な条件は何ですか?
A 建設業に関連する資格(資格によって申請できる業種が限定されます)または、一定の実務経験が必要です。
  また、資格によっては実務経験を必要とする場合もありますので、
  詳しくは、専技になろうとされる方の学歴、建設業に関する資格、業歴(職責を含む)等の略歴をご用意の上ご相談下さい。

Q 建設業許可申請に必要な書類は何ですか?
A 法人個人の別、申請者(経管になろうとする方)の経歴、専技になろうとする方の資格・経歴、申請する業種等により異なりますので、まずはご相談下さい。

Q 公共工事の入札に参加したいのですが、建設業許可が必要ですか?
A 必要です。
  また、工事の入札に参加するには、建設業許可を受けた後「経営事項審査」を受け、「入札参加資格審査申請」をする必要があります。
  「建設業許可申請」「経営事項審査」「入札参加資格審査申請」「電子納品」等についてお知りになりたい方はお気軽にご相談下さい。

 

建設業許可申請に必要な書類はこちら