遺言書について

遺言書について
 

  遺言は人の最終意思を尊重し、死後もその意思の実現を法的に認める

 制度です。

  遺言書があれば遺産の分割方法や長年尽くしてくれた人により多くの財

 産を譲ることができるなど、自分の意思を死後において反映させることが

 できます。
  遺言はその内容が本当に遺言者の意思がどうかが重要であるため、法

 に定められた厳格な方式に従わないと無効となってしまう要式行為です。


  遺言書には普通方式と特別方式の二つがあり、普通方式の遺言には次

 の3種類があります。

     自筆証書遺言
     公正証書遺言
     秘密証書遺言

  特別方式の遺言は死亡危急時などの特別な場合における遺言で法律

 規定されていますが一般的ではありません。

   法律は相続についていろいろと規定していますが、それは被相続人の

 意思を強制するものではなく、遺言をすることで自分の意思通り法律関係

 を実現することが可能です。

  遺言で法的に効力が認められている事項は法律で定められており、それ

 以外の事項は法律上の効果は生じません。

   遺言できる主なもの
   ・後見人、後見監督人、遺言執行者の指定
   ・相続分の指定、指定の委託
   ・特別受益の持戻し免除
   ・遺産分割方法の指定、指定の委託
   ・遺産分割の禁止
   ・遺贈
   ・婚外子の認知
   ・未成年後見人、後見監督人の指定
   ・推定相続人の廃除およびその取り消し
   ・遺言執行者の指定、指定の委託
   ・祭祀主宰者の指定
   ・遺言の取消し

   公正証書遺言は費用や作成準備が必要ですが、公証人が作成するた

 め内容が明確で原本は保管されるので、紛失や改ざん等がなく安全かつ

 確実な遺言といえます。

   相続が開始した後にその遺言の有効・無効や内容が不明確のため相

 続人の間でもめることにならないよう、専門家に事前に相談の上、作成す

 ることをお勧めします。