相続について

相続とは?

 「相続」とは亡くなられた方(被相続人)が生前有していた財産に

 関する 一切の権利義務(被相続人の一身に専属するもの以外)が死

 亡と同時に相続人に一定の割合(相続分)に応じて相続人に移るこ

 とです。


  相続は人が死亡したと同時に当然に開始し、相続人がそのことを

 知っていたかどうかは関係ありません。この開始の時点で相続人の

 範囲や順位、相続財産の範囲が決まります。

  相続が開始した時点で相続人は生存していなければなりません。

 但し、胎児はまだ出生していませんが、相続する権利を有します。

 ◎相続トラブルの予防

   相続が始まってから相続人の間で亡くなられた方の財産をめぐり

 相続人の間で争いになるケースがあります。相続が「争続」となっ

 てしまった場合です。

  亡くなられた方(被相続人)が事前に自分の財産をどのようにま

 た誰に譲り渡すのか明確にしておけば少なくとも相続人の間の無用

 な争いは防ぐことができます。

  また
   ・家族(相続人)内が不仲である
   ・音信普通の身内がいる
   ・今の家族に先妻の子がいる
   ・長年連れ添った相手と籍を入れていない

   (内縁のままである)
   ・配偶者に連れ子がいる
   ・家族に内緒で認知した子がいる
   ・子供がいない
   ・長年によく尽くしてくれた嫁に財産を譲りたい
   ・事業用財産を長男に譲りたい
   ・財産を寄付したい

   などなど、いろいろな場合に相続が開始したらどうなるのか?

   どうしたら、自分の思いとおりに財産を譲れるのか、また相続

   人の間で「争い」にならないようになるのか?

   相続が開始した場合にトラブルとならないよう事前の準備が大

   切です。

 ◎相続人

   相続が開始した場合、誰が相続人なのか。

   法律(民法)は相続人を血続相続人(血の繋がりのあるものお

  よび養子縁組をしたもの)と配偶者相続人の2つに分けて規定し

  ています。

  相続人は法律て画一的に決まっていますので(法定相続人)、遺

  言での順位や範囲等の変更は出来ません。

   血族相続人には順位があり、後順位の相続人は先順位の相続人

  がいないか、放棄や一定の相続欠格事由に該当して相続人で無く

  なった場合に限り相続人となります。

   
血族相続人の順位

     第1順位 子(*)

     第2順位 直系尊属

     第3順位 兄弟姉妹

  (*)子には実子、養子や嫡出子、非嫡出子の区別はありません

   配偶者相続人は常に血族相続人と同順位で相続人となります。

   (配偶者は婚姻関係にあるもので、内縁関係は含まれません

   相続人(法定相続人)は被相続人を基準にして範囲や順位が法

   律で定められていますの

  で、相続関係は各個人毎に異なります。相続が開始する前に、も

  し相続が開始したら誰が相続人となるのか、急な相続のときトラ

  ブルになることも考えられますので、予め相続人(推定相続人)

  を調べておくことが重要です。