相続手続きについてお困りのことはないでしょうか?

相続手続きについてお困りのことはないでしょうか? 

お問い合わせ内容を下にまとめましのでお役立てください

いつまでに何をすればよいのでしょうか?

相続手続きの完了は、相続税の申告(相続税の発生のない方は財産の移転手続き)です。
永眠されてからのそれぞれの手続きを終わらせるまでの期限と提出する書類のご案内

詳しくはこちら

相続にはどのような方法があるのでしょうか?

相続財産には、現金、不動産、預貯金などのプラスの財産だけでなく、住宅ローンや借金などのマイナスの財産も含まれることになります。そのためマイナスの財産がプラスの財産を超えてしまう場合には、相続人が借金などの債務を返済していかなければなりません。
相続人が被相続人の借金で苦しまないように、民法では3つの相続の方法が用意されています。

詳しくはこちらです

遺言書が見つかったときはどうすればよいのでしょうか

 遺言書の取り扱いは法律で決められています。封印のある遺言書を発見しても、勝手に開封してはいけません。例えば開封したのが相続人、または相続人全員の目前であっても開封してしまうと、違反者には5万円以下の過料が課せられることになります。また、遺言書を変造したり、破棄した者は無条件で相続欠格者となります。
封印のある遺言書は、必ず家庭裁判所に持参して、相続人や代理人の立会いで開封しなければなりません。

具体的には